キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル


>>花美人(はなびと)とは?      >>会社概要     >>代表プロフィール 

 

花美人(はなびと)とは?

横浜コミュニティー 花美人(はなびと)の目的


横浜コミュニティー花美人(はなびと)の目的


 「花美人(はなびと)」が、花と人を結び、花が人を結ぶ
花美人が目指すのは、花で人が結ばれている…状態。
 生活の中に当たり前に花があり、花を切掛けとしたつながりを通して女性が個人の

趣味(特技)を活かせる場をつくる事で、人びとの新しい「輪」が生まれ続ける。

その為に花美人(はなびと)は活動し続けていきます!
 

事業内容
  • イメージ装飾・イメージフラワーの販売・ブライダルブーケの製作・講習
  • エディブルフラワーコーディネーター講習会
  • フラワーアレンジメント講習会、および華道のお稽古
  • その他、花育に関連するイベント開催

 

花美人(はなびと)の未来

3年後…
 花と人を結ぶ「花美人(はなびと)フレンド」が増える。学生への花育活動を通じて

花に触れる環境づくり。日本の伝統文化「いけ花」の伝承。いけ花女子の普及活動。


5年後
 花に人が集まっている…。フラワーアレンジメントや、エディブルフラワーなど多種・多彩な講座に人が集まり、その場を介して新しい繋がりが出来始めている。

 

会社概要

名 称 株式会社   花美人
代 表 代表取締役 山本 美保
創業/設立 平成27年 4月 1日
本 社 〒225-0024 横浜市青葉区市ヶ尾町1772-8
TEL&FAX  045-971-8803
業 種 サービス業
駐車スペース 2台

 

代表 プロフィール

 

横浜青葉区在住。
 

 

19年間、「花のある暮らし応援します」をモットーに、

フラワーアレンジメントの講師/華道池坊教授をしております。
青葉区・港北区・緑区・座間市・川崎市などにレッスン会場があります。

花には沢山の魅力がある事を伝えたい。

暮らしに花を取り入れる事で、ゆたかなライフスタイルをつくりあげていく

お手伝いがしたいです。

 

花と人を結びたい。
そんな思いでフラワーサークル“花美人(はなびと)”の名前で活動しています。
 

19年前からこのサークル名を使用しています。
この名前には数々の思い出があります。

 

スタート時は“花人達(はなびと)”でした。
花は人を集める力があり人と人を結びつける力があるという思いから。

花・人・友達の造語で (はなびと) でした。
小さな小さなボランティアグループのはなびとは、
現在、メンバーは残っていませんが名前だけが変化をし、生き続けています。

 

花人達 → 花びと → 花人達 → 花美人(この変化は私の気持ちの変化のようにもあります)


なぜ・・・花に美人の漢字に変えたのか・・・!?

 

 

美人(ビジン)は1日では絶対になれません。
毎日、コツコツ積み重ね。
美人になるために人は努力をします。

 

そうやって、美人になるための習慣を身に付けて行きます。

 

美しい人」というのは、美しい物を見て素直に美しいと感じ、それを言葉にして言える人だと私は思っています。

 

そういった女性達が増える環境作りをして行きたいと思った瞬間!花美人となりました。

 

 



フラワーサークルで知り合った方々は、花の魅力に触れ

アレンジメントを習い、お家に飾り、毎週毎週きれいなお花を飾る習慣を身につけ、

サークルの仲間とほめ合い、認め合い、感動する時間を感じる事ができる。

それが、花美人(はなびと)です。


「先生!花に元気をもらったわ!忙しかったけど、ここに来てまた1週間頑張れるわ!」

「花の良さを再確認できた。」

「先生とお話が出来て楽しかった。」

「パワーをもらった。かわいい先生と会うのが楽しみ。」

「お花と会話が出来るようになった。」

「花を自宅に飾り家族と会話が増えた。友達にプレゼントして喜ばれた!」

「娘さんや親せきのお嬢さん、息子のお嫁さんに手作りブーケをつくる事ができた!」

そんな言葉をきける私は本当に幸せ者です。

素晴らしい人生を歩ませていただいております。

 

横浜コミュニティー花美人(はなびと)の目的

毎日が感動の連続です。花に感謝です。人に感謝です。

 

 


思えば、約22年前横浜にお嫁に来て
友達が1人もいない中でのスタート。
主人が会社に行ってしまえば、ポツンと1人…

すぐ子宝には恵まれましたが、誰ともしゃべらない日々が1か月も続くと

さすがの私も電柱とでもおしゃべりが出来ちゃうくらい人としゃべりたかったーーー!!


私は人が大好きです。パワーももらえる。
成長もさせてくれる。人はすごい。

 

人と会話すると、頭の中がアップデートされた感覚はないですか?

 

子育て中は、何気ない会話の中にも自分だけでは考えつかない表現だったり考えだったり

こどもから教えられる事がいっぱいでした。

また、子育て中は頼まれ事が多い時期です。

 

未経験な内容を頼まれたこともしばしば・・・[頼まれごとを試されごと]と感じる自分になったのは

赤ちゃん会、こども会、町内会、PTA活動の中で みんなと一緒に達成出来たときです。

自分一人ではできない事をみんなで出来たこと。

そういったことから自分自身の成長を感じられました。

 


フラワーアレンジメントの講師業は、少し抵抗がありました。

 

私は実家が花屋という事もあり、
店舗がないと人と関わることが出来ないと思っていました。

 

でも、子供が生まれ、自由に時間がつくれない中で、

ママ友からの一言。


「お花のスキルがあるなら教えて!!」

「教える!?私が!?何を!?えーーー!!」
と思いましたが、近所の人が集まるし、子供同士は遊んでくれるし人が人を誘って来てくれるし。


私は花を用意するだけでいいんだー!と気付かされました。
花があれば人が来る。
人が来れば楽しい。
元気がもらえる。
色々な考え方の人がいて、私も成長できる。
子育てするにも、とてもありがたい環境でした。

 

花はすごい。
人はすごい。


またここで私は成長させていただきました!

 

子供がいるおかげで幼稚園、小学校、中学校、高校、地域の活動内で

フラワーアレンジメントの講座をさせていただく事が出来ました。


その度に、人との出会いがあり、勉強になります。

出会いのあった方々はすべて ”私の教科書”です。

 

 

多くの人と花を通して成長させていただいた私が
もっともっと何か出来るではないか?と考え始めたところ
私のまわりには素晴らしいスキルをお持ちの方がいらっしゃることに気付きました。

 

私が20年前、友達に声をかけてもらったように、私が輝かせてもらったように・・・
周りの人の背中をちょっと押してあげる存在になりたい。
少しの声掛けで人の人生までも変えてあげたい。

そんな事を思い始めました。


そして、笑顔があふれる花美人メンバーが増えることで、
1人が2人(夫婦)4人(家族)、8人(近所)、16人(サークル仲間)

32人(地域)が・・・・・・・・・


社会が、日本が、世界中がまわりを思いやり、一人一人が大切に自分の人生を

一生懸命生きる人でいっぱいになるはずです。


私、よく想うんです。*ヨロズヤサロンがあればいいのに・・・、笑顔あふれるサロン、
美しいものを見て美しいと感じ、素直に美しいと言える人がたくさん集まるサロンです。

*趣味の講座が花だけでなく多方面にわたりおこなわれ、お茶もでき、

ショップもあるけど用がなくてもふらっと立ち寄れ、会話が弾むスペース

 

 

いつかはヨロズヤサロンのビルを建てたいです。
あの建物に行ったらあったかい人に出逢える。
そんなスペース作りをしたいです。
いや、私がやるべき事です。

私をとうして人が集まる。
集う。
笑顔があふれる。
そんなスペース作りをする為に私は産まれてきたのだと思います。

 

兵庫県のほぼ中心に位置する、田舎町で何の取り柄もない

ふつうの両親から産声をあげた瞬間からそれが決まっていたのだと思います。

 

山から山へ竿が通る様な小さな町で生まれた環境。

周りの人(地域の人)、今までに出逢った人々。

 

私がこうあるべき姿になるために、必要不可欠だったと思います。
歩みの中で無駄な出逢いは一つもなかったはずです。

 


私がこうして生きて思い通りに身も心も動かせるこのキセキ。
まさに感動です。

 

そんな私が主催する花美人(はなびと)です。

みんなの笑顔がつくる花美人です。花美人メンバーになりませんか?

そして、毎日をより豊かに、楽しく、「なりたいあなた」をみつけ

あなたの夢をかなえる場所にきっとなるはずです♪

 

プロフィールを

お読みいただきましてありがとうございました!

 

【経歴】
 

昭和62年 日本フローリスト養成学校 マスターコース終了
昭和64年 「有限会社 花の店みやざき」にて支店長に就任
平成11年 フラワー装飾1級技能士取得
平成12年 フラワーアレンジメントサークル講師として活動を開始
平成27年 4月1日「株式会社 花美人」を設立、同社 代表取締役に就任

平成27年 華道家元池坊教授取得

平成29年 食品衛生責任者取得

 

 過去17年間おこなってきたフラワーサークル運営を通して、「教育や地域に対する貢献」の手段として花育のシステムつくりの必要性を認識。日本の伝統文化である華道の継承と、花文化を広める人財育成と場づくりを通して、国際色豊かな人(女性)の輪を目指す